SIAF2014

SIAF2014開催概要

「札幌国際芸術祭2014」は札幌初の国際的なアートフェスティバルです。世界的に著名なアーティストである坂本龍一氏をゲストディレクターに迎え、2014年7月19日(土)から9月28日(日)まで、72日間に渡り開催されます。開催テーマは「都市と自然」。これからの都市と自然の共生のあり方を考える国際芸術祭として、世界で活躍する現代アーティストたちが参加し、市内各所では展覧会やパフォーマンスなど、様々なプログラムが展開されます。美術館はもちろん、札幌の街全体が芸術祭の舞台となります。

プロジェクト

コロガル公園
in ネイチャー supported by 札幌丸井三越

2012年に山口情報芸術センター[YCAM]で発表された「コロガル公園」は、不定型で起伏のある木の空間に、マイクやLED照明など「メディア」を使った仕掛けをもつことで、子どもたちが新しい動きや遊びのルールを生み出すことを触発するインスタレーションです。SIAF2014では、この「コロガル公園」が、初の屋外バージョンとして、大通公園の西に位置する札幌市資料館の庭にこれまでにないかたちで出現します。設計は、北海道を拠点に国内外で活躍する建築家・五十嵐淳。都心にありながら緑豊かな環境と呼応させるべく、自然素材を活用した「公園」が構想されています。
会期中には、ワークショップ「子どもあそびばミーティング」を複数回開催予定。追加したい遊びや機能を話し合うことで、期間中にアイデアがコロガル公園に反映されていく予定です。日差しや風など、刻々と変化する環境の中、子どもたちが、自然、自分たち、そしてメディアと向き合いながらそれらを創造的に結びつけていくユニークな機会を創出することになるでしょう。

■日程
2014年7月19日(土)~9月28日(日)10時00分~16時30分
※毎週火曜日休み。火曜日が祝日の場合は、翌日。

※子どもあそびばミーティングにともなうアップデート期間中(8/19~21、9/9~11)も休みとなります。
※雨天時に中止の場合があります。

■対象
小学1年生~小学6年生

※対象児童の保護者の入場は可能です。保護者は20歳以上の成人を指します。
※対象者以外の入場はできませんが、8月22日以降の平日10時00分~13時00分については、小学生未満の児童も入場できます(要保護者同伴)。

■最大同時入場者数
40名(保護者含む)

■混雑時の対応
来場者が40名を超えた場合は、30分間隔で入場者の入れ替えを行います。待機者が多数出た場合は、整理券を配布いたします(最終配布時間:15:40、最終入場時間:16:00~16:30。ただし、入場した人が定員を超え次第、受付を中止します)。
※事前予約や団体による優先予約は受け付けておりませんので、直接会場にお越しください。
※整理券は代理人にお渡ししておりませんので、必ずお子様ご本人がお越しください。

■より詳細な情報はこちらをご覧ください
http://www.sapporo-internationalartfestival.jp/2014/korogaru/

■ディレクション/研究開発:YCAM InterLab
■設計:五十嵐 淳
■メディア・ディレクション:杉本 達應、須之内 元洋、棟方 渚
■担 当 :四方 幸子(アソシエイト・キュレーター)
■協 力 :山口情報芸術センター[YCAM]

korogaru_300

札幌市資料館裏庭

プログラム

エキシビション

プロジェクト

パフォーマンス/ライブ