SIAF2014

SIAF2014開催概要

「札幌国際芸術祭2014」は札幌初の国際的なアートフェスティバルです。世界的に著名なアーティストである坂本龍一氏をゲストディレクターに迎え、2014年7月19日(土)から9月28日(日)まで、72日間に渡り開催されます。開催テーマは「都市と自然」。これからの都市と自然の共生のあり方を考える国際芸術祭として、世界で活躍する現代アーティストたちが参加し、市内各所では展覧会やパフォーマンスなど、様々なプログラムが展開されます。美術館はもちろん、札幌の街全体が芸術祭の舞台となります。

エキシビション

坂本 龍一 + YCAM InterLab「フォレスト・
シンフォニー in モエレ沼supported by LOUIS VUITTON

「木は光合成によって太陽光をエネルギーに換える、つまり
電磁波をとらえる天才。その周期性を音楽にしてみたい」
― 坂本 龍一

森林や樹木の存在に深い興味を抱いてきた坂本龍一が、東日本大震災以降、その関心を具体的な芸術表現として示したプロジェクト「Forest Symphony(フォレスト・シンフォニー)」。森林をはじめとした人類が生きる環境に目を向けることを意図して構想された「Forest Symphony」は、山口情報芸術センター[YCAM]のYCAM InterLabとのコラボレーションにより技術開発を進め、昨年開催されたYCAM10周年記念祭の中心的なプロジェクトとして発表されました。

樹木の生体電位をデータとして取得・集積・解析し、音楽へと変換、空間全体でシンフォニーとして体験できるインスタレーションとして展開、加えてウェブサイトでデータが公開されます。YCAMでは、世界各地 (8カ所)からデータを取得、《フォレスト・シンフォニー in モエレ沼》では、札幌市内、北海道内を含め国内外の約10カ所からデータを取得、モエレ沼公園(基本設計:イサム・ノグチ)内の中心施設、ガラスのピラミッド「HIDAMARI」でSIAF2014バージョンとして発表されます。

詳細はこちらのページをご覧ください
http://www.sapporo-internationalartfestival.jp/2014/fs_detail

■ディレクション/音楽:坂本 龍一(Ryuichi Sakamoto)
■テクニカル・ディレクション/研究開発:YCAM InterLab
■ビジュアル・ディレクション:高谷 史郎(Shiro Takatani)

moere2_300

モエレ沼公園
ガラスのピラミッド
「HIDAMARI」

■日 程 :2014年7月19日(土)~9月28日(日)
■時 間 :9:30-17:00
(土曜日のみ9:30-19:00)
■協 力 :山口情報芸術センター[YCAM]
■共 催 :公益財団法人札幌市公園緑化協会
■担 当 :四方幸子(アソシエイト・キュレーター)

【特別展示】
竹村 真一《触れる地球》

プログラム

エキシビション

プロジェクト

パフォーマンス/ライブ